2016年にSUBTERRANEAN で催された公演、イベントの詳細です。

Archives in 2016.

FoB攻略組

フラッシュオブブレイド

Text.

12月22日(木) 19:30

12月23日(金) 12:30/16:30/20:30

12月24日(土) 12:30/16:30

 

料金/2000円

魔物のために作られた世界に身を下ろすプレーヤーたち 捕食されるために存在する人間たちを守り この世界から脱出することができるのか? そんなRPGゲーム あくまでゲームだと思い、参加したプレーヤーたちに降りかかるのは、本当に死ぬデスゲーム 自分の体が自由に動いているが、命だけは掴まれている 心臓を掴まれたまま生きているような生きているのか死んでいるのかわからない恐ろしい世界 剣~つるぎ~が全てを導く 心のままに剣を振るい 身のままに斬り開く あなたの剣は、世界からの脱出を望むか それとも、この世界での人生を望むか さぁ、剣を握りたまえ

森の太郎 もりたろライブ vol.43

『絶対ヒーロー! 光の戦士! シャイニングファイブ 51話・52話』

12月16日(金) 19:00 12月17日(土) 14:00/18:30 12月18日(日) 13:00/17:30 料金 前売3000円 当日3200円

作・演出/森の太郎

キャスト/森大、長谷川太郎、亀井英樹、高本愛子(疾駆猿)、大山カリブ、上島純也、川本裕之(少年社中)

劇団ミックスドッグス

『クロノスコープ少女』

11月30日(水) 20:00 12月 1日(木) 14:00 / 19:00 12月 2日(金) 17:00 12月 3日(土) 14:00 / 19:00 12月 4日(日) 13:00 / 17:00 12月 5日(月) 14:00 19:00 12月 6日(日) 16:00 料金 前売当日共 2500円

作・演出/ 奥田悟史

キャスト/ 幾世優里、伊藤貴史、林弘平、浅利友菜(劇団森)、市川賢太郎、大石元気、倉光亮輔、吉瀬はなこ(TABプロダクション)、鈴木美咲、手嶋彬等、本島愛美、屋敷真優子

 

スタッフ/舞台監督:井草佑一 照明:奥田悟史 照明操作:遠藤康平 選曲:奥田悟史  音響操作:小林唯 宣伝美術:三橋コータ 広報:見米克之、山根彩  舞台美術:伊藤貴史 衣装:平谷萌恵 小道具:幾世優里、林弘平 予約管理:平谷萌恵 お手伝い:今井はる奈 製作総指揮:奥田悟史  振付:唐來彩花 舞台写真:齋藤毅 企画・制作:劇団ミックスドッグス

webアドレス/http://www.mix-dogs.com/

 黒野メイは女子高生。恋、夢、青春・・・とは程遠い17歳。勉強は中の下、運動は下の下、初恋相手の中学の先輩は元気だろうか?あれ以来、恋は負けっぱなし。最近、またもや片想いが砕けて――そんな自分が大嫌いだった。  ある日、メイは祖母に呼び出される。偉そうで、メイのことを何にも分かってくれない、大嫌いな祖母。「メイ、あんたには未来を覗く力がある――」祖母が話し始めたのは、一族の隠された歴史、呪われた石のこと、そして、メイが受け継いだ力のこと・・・  難しいことは良くわからないけど、メイにはどうやら、未来を見る力があるらしい。とりあえず、メイはこの力を恋に使ってみることにした!

イム・セリュン現代演劇ワークショップ

1月18日(金) オリエンテーション 11月24日(木) 理論(theory and discussion) 11月25日(金)〜27日(日) 実技(training and exercise)

平日〉19:00〜22:00 〈土日〉13:00〜18:00 受講料/10000円 講師/イム・セリュン 主催/サブテレニアン、劇団Da

〈プログラム〉

1.    理論と関連した自由な対話 ○ スタニスラフスキーシステムとメソッド理論(情緒記憶法、魔法のもしも、など)を取り囲むいくつかの誤解。 ‐演技に関する自由な対話の分かち合い、各自の経験を中心に。 ○自然な演技に関するいくつかの誤解。 ‐メディア演技と舞台演技(小劇場演技、中/大劇場演技)に関する自由な対話。  各自の経験を中心に。

2.    実習(場面作り) – 作品の中から抜粋しての場面作り。 ○間(pause)と、沈黙(silence)  ‐「家へ」、「家内労働」 ○リズム(rhythm)と、テンポ(tempo)  ‐「2014年夏」 ○俳優の態度、立場(attitude)  ‐「2014年夏」 ○演劇舞台の長い呼吸、独白  ‐「父と暮らせば」「家へ」 ○アクション、リアクション(reaction)  ‐「家内労働」

イム・セリュンプロフィール


演劇演出家、1973年ソウル生まれ。 ソウル建国大学校哲学科卒業、現・劇団Da代表/常任演出 現・韓国演劇演出家協会会員、前ソウル演劇協会理事。 2001年 ソウル大学路で演劇スタッフとして活動を始め、 2005年 「演劇集団 反」に入団。2007年から演劇演出家として活動。 2009年演劇の社会性に関する現在的意味を考える演劇界の若手を集め、 劇団Daを旗揚げした。 Daはドイツ語で「今、ここ」という意味で、過去の集団化された記憶を現在、この場に持ち込み、当代に確認する作業としての演劇の機能に忠実であろうとする芸術行為を称する。 演出家イム・セリュンは、ベトナム戦争のとき独立のために命を懸けて戦った女子高生の話である、「サイゴンの白い服」、校内暴力とトラウマに関する「大人の時間」、「革命は今も続いている」という話を音楽的に形成化した「マキシム・ゴーリキーの母」などの代表作を公演し、差別化された素材の選択と、使命感のある歴史意識を込めた作品を公演する演劇芸術家として、韓国の言論と評壇からの持続的な注目を受けている。

2013年、鐘下辰男作「大人の時間」で日本との交流を始め、以後、弘前劇場代表兼劇作家、長谷川孝治作「FRAGMENT+2」、鐘下辰男作「ゴルゴン」などの日本の作品をソウル大学路で公演した。 最近2016年3月には韓国・新春文芸単幕劇展朝鮮日報当...

Marginal Man】 伊藤彩香企画

『蒸気蒐集』

10月28日(金) 20:00 10月29日(土) 14:00/20:00 10月30日(日) 14:00/18:00 料金 予約2200円 当日2500円

作・演出・美術/伊藤彩香

キャスト/田中りか、倉谷こはる、堤麗、伊藤彩香

 

光/竹本楓 音響操作/市松 美術協力/田中りか 撮影/かまたきえ 制作/佐藤沙彩、松尾加奈、渡川いくみ

ねこのしたプロデュース

「パレード旅団」

10月22日(土)14:00/18:30 10月23日 一般2000円 学生1500円(日) 14:00/18:30 

作:鴻上尚史

演出: 川邊史也(劇団銅鑼)

 

キャスト:

井本巳仁(劇団くるめるシアター)

奥田一平(文学座)

久保磨介

国府田稔

高木あさえ(劇団森)

覇王樹(劇団森)

吉松竜宏(靴と観覧車)

塩沢卓巳(劇団夢民)

津嘉山珠英(冗談だからね。)

【板橋ビューネ2016】劇団MIRレパートリーシアター&YAEGIシアター

『不条理を調理する』ーイヨネスコ「授業」「欠陥」、ベケット「大団円」ー

10月7日(金) 20:00 10月8日(土) 19:00 10月9日(日) 14:00 料金/2500円

作/ウジェーヌ・イヨネスコ、サミュエル・ベケット

演出/イ・ジェサン(李哉尚)

キャスト/キム・イェギ、ヤン・チャンワン、イ・ハンソル、チェ・ボナ 他

MIRレパートリーシアターインタビュー

詳細は板橋ビューネウェブサイトにてご確認ください。

 

【板橋ビューネ2016】テラ・アーツ・ファクトリー

『三人姉妹vol.1』

月29日(木) 19:30 9月30日(金) 14:00/19:30 10月1日(土) 14:00/19:30 10月2日(日) 14:00 料金 前売3000円 当日3300円 ご予約・問い合わせ terra029644[at]gmail.com

作:岸田理生

演出:林英樹

キャスト:井口香、横山晃子、岸俊宏、関山ゆみ、加藤明美、長尾みわ、中山豊子、渡邉大晃、深沢幸弘(鬼面組)、相良ゆみ(舞踏)

 

料金 前売3000円 当日3300円

 

テラ・アーツ・ファクトリーインタビュー

詳細は板橋ビューネウェブサイトにてご確認ください。

【板橋ビューネ】サイマル演劇団

『別の場所』

9月22日20:00〜/23日20:00〜/24日15:00〜,19:00〜/25日15:00〜 料金 一般2,500円 学生1,500円(前売・当日共)

作:ハロルド・ピンター

演出:赤井康弘

 

キャスト:葉月結子、川原洋子(劇団桟敷童子)、山本啓介、海老原恒和

ピンター『家族の声』『いわばアラスカ』『ヴィクトリア駅』3本を同時上演。

詳細は板橋ビューネウェブサイトにてご確認ください。

【板橋ビューネ】楽園王

『授業』

9月8日20:00〜/9日20:00〜/10日15:00〜,19:00〜 料金 前売2,800円、学生2,500円、当日3,300円

原作:ウジューヌ・イヨネスコ

演出:長堀博士

キャスト:久堂秀明、杉村誠子、村田 望、岩澤 繭

 

楽園王インタビュー

ご予約・お問い合わせ home[at]rakuenoh.tokyo

詳細は板橋ビューネウェブサイトにてご確認ください。

【板橋ビューネ:U-25公演】 ペリカン船、ガクタミ、雲の劇団雨蛙

『戦場のピクニック』、『変身』、『財産没収』

9月3日19:00〜/4日15:00〜,19:00〜 3団体同時上演 料金 1,500円

ペリカン船

『戦場のピクニック』(作:フェルナンド・アラバール)

演出:田中達也(劇団ペリカン)

キャスト:板谷悠輔、岩澤 繭、新垣 夢、高山真希、名波咲希    
ペリカン船 インタビュー


ガクタミ

『変身』(原作:フランツ・カフカ)

演出:MARCO

キャスト:具志堅葉介、西原尚輝

スタッフ:丸畑亜寿香
ガクタミ インタビュー

 

雲の劇団雨蛙 

『財産没収』(作:テネシー・ウィリアムズ)

演出:白栁 透

キャスト:森髙悠太郎、池田展晟、嘉村梨沙子

スタッフ:白栁 透

 

詳細は板橋ビューネウェブサイトにてご確認ください。

ACTOR’S BAR

ACTOR’S BAR

8/27(土) 13:30~/19:00~ 8/28(日) 15:00〜 料金 ¥1,000

作・演出/猪瀬尚彬 スガワラ 三原一竜 木谷優花 ヒナギク ラフカディオハーン・カズぴ☆

 

スタッフ/指田真理子

 

劇団問い合わせ先/ 090-7055-3962

チケット問い合わせ先/ 090-7055-3962

チケット入手先/ actorsbar_door[at]yahoo.co.jp

駅から続く通りを一本脇道に逸れて閑静な住宅街を歩く。

とあるマンションを回り込み、地下へ続く階段を見つけ、降りていく。

そこに、ひっそりと明かりを灯す店がある。

営業は不定期だが、扉の先は予想外にもほぼ満席で…

「いらっしゃい。あら?どこかで会ったことあるかしら。」

アクターズ・バー 4th 開店

― repeater ―

朝が来て昼になって夜が来て、毎日をくりかえす。

同じようで同じじゃない。

同じだったらきっと怖い。

違うから楽しくて幸せ。

同じだから穏やかで幸せ。

この店に集うのはくりかえしの毎日を過ごすあなたと少し可笑しな話たち!?

 

酒のつまみに面白いお芝居はいかがですか?

食同様に好みはあると思いますが、今宵みなさまの「もう一杯」の為、短編各種取り揃えてお待ちしております。

水宙都市

『ピーナツとドーナツ』

6月24日(金) 13:00/19:00 6月25日(土) 13:00/19:00 6月26日(日) 13:00/16:30  *開場・受付開始は開演の30分前 ◎料金 前売1500円     当日1700円

公演詳細:http://tonaliya.com

◎キャスト

いとうけいすけ(パルメザンチーム)
大山菜実子
武井太陽
中村康太郎
春山椋

◎スタッフ

作・演出 藤井香織

演出助手:海川知里
照明:芳賀秀一郎
音響:蛭田結美
舞台監督:横田颯汰
宣伝美術:久木野実玖
撮影:寒河江碩之
制作:仲前宏美

ツチノコ狩りをした日の夜、空からだるまが降ってきた。
高校生の春と真琴は、一攫千金を夢見て、森で見つけた人魚の像の調査を始める。しかし裏ではそれを阻止する別の組織が動き出していた…。
絡み合う謎が謎を呼び、互いに足を引っ張り合う!
夏の先駆けとなる、暑苦しい時間をあなたに!
 

楽園王《サブテレニアン10周年記念月間》

『楽屋』

6月8日(水)20:00 9日(木)20:00 10日(金)20:00 11日(土)15:00/19:00 12日(日) 11:00/15:00 ◎料金 当日2,800円 学生2,500円     前売2,500円 学生2,200円

◎http://rakuenoh.tokyo

◎作:清水邦夫 演出:長堀博士

◎キャスト:大畑麻衣子 岩澤繭 小林奈保子 川島むー(お茶祭り企画)

◎作品紹介:清水邦夫の「楽屋」は、20周年だった2011年の春に上演予定だった作品。3月11日に震災が起こり、楽園王では「この時期は演劇の時期ではない」と判断して、中止にした。年月の分、募る思いで制作します。古典戯曲を多く手掛けるカンパニーとして、丁寧に、静香な様式美の作品として上演します。

◎団体紹介:楽園王は今年25周年を迎える東京を拠点とした劇団です。毎年10本近くの演出作を、上演場所を選ばずに本全国で発表しています。言葉の意味や内容より"音"に注目し、様式美にこだわった作品作りをします。利賀演出家コンクール、優秀演出家賞受賞。利賀演劇人コンクール、奨励賞受賞。25周年の今年は「祝祭」の意味と、次への「布石」の意味をこめて、合計8本の作品を発表予定。

雲の劇団雨蛙《サブテレニアン10周年記念月間》

『ある朝、10時ごろ』

6月3日(金)19:00 4日(土)14:00/19:00 5日(日)14:00

◎http://kumogekiamagaeru.wix.com/official

◎作品紹介:島を沖に望む港町。桟橋でボトルメールを造る男。ヌード写真集の撮影場所を探しに来た編集者はその男にいいように使われ、当惑。おまけにこの男、さまざまな仕事をもち、それ毎に名前を変えている様子。怪しいあんたは何者!?それはそうと、撮影場所に禁足の島に目をつけた編集者。島民は驚き。その島にはやっかいな虫がいるといううのだ。折しもその日虫にまつわり、人身御供な「蟲男」をたてる奇祭が行われていて…。

◎団体紹介:雲の劇団雨蛙は島根県出雲市と東京に拠点を置きながら、累計18都市200ステージ公演を実施。北は北海道、南は福岡まで全国各地に出没している。活動としては、幅広い作品の演出からオリジナル作品上演、プロデュース公演と多岐に渡る。第一回かもめ短編演劇祭にて全国4位入賞。また、毎年10月には全国で出会えた劇団を招いて出雲にて雲劇祭を開催している。

偽鳳蝶 噛砕

『砂袋』

5月27日(金)19:30 5月28日(土)13:00/18:00 5月29日(日)13:00/18:00 ◎料金 前売2500円 当日2800円 リピーター割1000円

椎葉小学校のサンドバッグ」を自称していた合川介斗は、その椎葉小学校を卒業して十五年後に自身を苛めていた日高愛美の娘、花月光(はつひ)を殺した。

何故、今になって復讐を始めたのか。何故、本人ではなく娘なのか。何一つ明確にならないまま、同居人の野坂明良は介斗の中を未だ巣食う河東真という存在に明確な悪意を抱きながら、介斗を守るためにある行動を起こす。

 これは、少年のまま成長した男の復讐譚。

 大人になった全ての子供に対する復讐譚。

  『何をやっていたんだろうな…本当』

fundada《サブテレニアン10周年記念月間》

『サイト』

5月20日(金) 20:00※プレビュー公演 21日(土) 14:00/19:00 22日(日)14:00 (開場は開演の20分前) 新作『サイト』とSTスポット主宰N.N.N.4出品作品『譚々』の2本同時上演。(プレビュー公演は『サイト』のみ上演。)

5

◎http://makinissi.blogspot.jp/

◎Dance/伊藤麻希 Perc./織本卓(『譚々』のみ) Lighting/伊藤侑貴 Sound/野崎爽 Direction&Choreogtaph/伊藤麻希

◎作品紹介:身体で起こるすべての動きがダンスになるとせよ

 

1.なにを眺めているのか

2.なにが光っているのか

 

ここにないものは、何か?

◎団体紹介 伊藤麻希:3歳からモダンバレエを佐藤典子に師事。横浜国立大学進学後モダンダンス部にて作品制作を始め、自主企画公演なども複数行う。立教大学現代心理学研究か映像身体学専攻において勅使河原三郎、宇野邦一のもとダンス作品制作を行う。冨士山アネット、中村蓉などの作品に客演、また演劇作品や映画の出演なども行う。

2011年、劇場作品の上演を目的とした<fundada>を設立し活動開始。主な劇場作品として『figure.』(2011) 、『allele』(2013)。

シア・トリエ《サブテレニアン10周年記念月間》

『リングワンデルング』

5月14日(土) 19:00 15日(日) 13:00 ◎料金 前売2,500円 当日2,800円 学生2,000円(前売・当日共)

◎予約 http://www.toriking.net/

◎作・演出 大信ペリカン

◎キャスト 佐藤隆太 鳥居裕美(捨組) サトウマナミ(夢精ラヂオ) 都甲マリ子(スイミーはまだ旅の途中) 更井孝行(劇団仲間) 富山早苗(劇団仲間) 小野瑞穂(劇団仲間)

◎作品紹介:競争の果ては、彷徨

宮沢賢治の初期童話から心がねじくれた3匹をネズミ取り。ゆるやかに世界観を共有する3作品をリングワンデルングに再構成。客演に東京の老舗劇団「仲間」からメンバーを迎え、大人が楽しむ童話劇に挑戦。子供も子供なりにそこそこ楽しめるだろうが、あのネズミの方が子供にはお似合いだろうな。

◎団体紹介:シアトリエ THEA・TRiE

1996年、満塁鳥王一座として旗揚げ。野外テントを出発点に、「近代演劇」からの脱却あるいは批判をテーマに「今ここにあるべき演劇の姿」を模索するが、未だ定まったスタイルを見つけられない迷いトリ集団。2015年1月、劇団名を「シア・トリエ」と改名。以来、運気は上昇中。
〜愛されてると勘違いして20年〜

2016年は、シア・トリエ創立20周年アニバーサリーイヤーです。

おしゃれ紳士 feat.DACTparty《サブテレニアン10周年記念月間》

『Dream And Charade of Tea party』

5月4日(祝)14:00/19:00 5月5日(祝)14:00/19:00 5月6日(金)20:00 5月7日(土)15:00/20:00 5月8日(日)13:00/17:00 ◎料金 一般当日4,000円 一般前売(予約)3,500円 学生割引3,000円 ※全て1ドリンク付

◎http://oh-charade.com

 

◎コンセプトディレクション/伊東祐輔(おしゃれ紳士)

 

◎キャスト 井内勇希 伊東祐輔 木村和広(以上、おしゃれ紳士) ワンデー擽原 V4 SUN!!(以上、DACTparty) 五十嵐結也(ビルヂング) もりいわひろふみ

...and more!

 

◎テクニカル・アドバイザー 西川康太郎(おしゃれ紳士) 正安寺悠造(DACTparty)

 

◎振付協力 佐藤雅美(PLANETS Dance Company)  天野一輝(梅棒) ...and more!

 

◎スタッフ

照明/安永瞬

音響/大堀巴瑠花

メイク/加藤小百合

撮影/飯野高拓(梅棒)

宣伝美術/伊東祐輔(おしゃれ紳士)

制作/吉田千尋

協力/気まぐれ淑女 サブテレニアン 他

◎作品紹介:ジュリー(沢田研二)へのリスペクトからセンタークリスハットを被り、黒のパンツスタイルをとるが、ダンディズムの曲解から上半身は素肌にネクタイの紳士達。自らのパフォーマンスを「茶番劇」と位置づけるパフォーマンスを今回は、ダンスアクトチーム「DACTparty」とのコラボで、新たな世界をお届け予定!

◎団体紹介:主宰・コンセプトディレクターの伊東祐輔と総合演出を担う西川康太郎を中心に結成。主要メンバーは井内勇希、池田遼、木村和広、西川康太郎、伊東祐輔。公演やイベントによってメンバーは増減。コラボでのパフォーマンスも多数。ダンス・エンターテイメント集団「梅棒」とはアサヒ・アートスクエア、青山円形劇場[BS-TBS主催]、六行会ホールなどでの公演、パパイヤ鈴木の「ダンスだよ!税員集合」5都市ツアー、ダンス向上委員会など様々なイベントでコラボ。その他にも、おしゃれ紳士×ロック兄弟feat.はるな愛、おしゃれ紳士×おやじダンサーズ、おしゃれ紳士feat.芦沢ムネト・KenKen(RIZE/Dragon Ash・出口博之(MONOBRIGHT)等のコラボレーションがある。

yagi★soir《サブテレニアン10周年記念月間》

『je T'aime』

5月1日(日)20:00 ◎チケット 500円

◎ウエブサイト

http://gamehuche1801.blog.fc2.com

 

◎作/演出 矢ケ崎聡智

◎出演 裕木つゆ

◎作品紹介:・・・鏡ノムカウわたしヲ指先デ辿リおまへト呼ビ掛ケルトわたしハミエナクナリおまへノ舌ニ舐ラレテ身ヲヨヂル女ガアラハレルーーー赤イ扉ノ奥デーーー開イタマ`ノ女ノ傷口ハ)フタ`ビおまへニ逢フタメニ)キツト何時マデモ膿ミ続ク。

◎団体紹介:5月1日、早朝の「あずさ2号」で懐かしい東京へー全ては、こゝから。未だみぬ「あなた」との、一日限りのアヴァンチュールの為に。「間に合わせに作られた舞台の上で…」(Mandiargues)物語を(刹那の)スキャンダルに、意味ありげの言葉を(途切れがちな)吐息にかへて、僅かの間お付き合ひを希ふものです。すべては、SUBTERRANEAN{コ、ゝ}で。
[矢ヶ崎聡智 Satoshi Yagasaki 1968年生まれ・長野県在住]

サイマル演劇団《サブテレニアン10周年記念月間》

『ナジャ/狂った女たち』

4月28日(木)20:00 4月29日(祝)14:00/19:00 4月30日(土)14:00/19:00 ◎チケット 一般前売・当日共/2500円 学生前売・当日共/1500円

◎ウエブサイト http://www.geocities.jp/simulengekidan/

◎キャスト

葉月結子 里見瑶子 岩澤繭 中園良輔

◎スタッフ

原作/A・ブルトン P・L・パロー

構成・演出・美術/赤井康弘

照明/佐瀬三恵子

音響/山田尚古

製作/サブテレニアン、サイマル演劇団

◎作品紹介 シュルレアリスムのいわば親分、ブルトンの自伝的小説を原作に、作中で触れられているバローの「狂った女たち」や数々の戯曲を挿入した、キメラのような作品。

◎団体紹介 95年、仙台にて旗揚げ。アトリエ公演を数多く上演した。仙台演劇祭、大世紀末演劇展などに参加。東北を縦断したツアーの後、00年に拠点を東京に移し、タイニイアリス等で公演を行った。06年よりサブテレニアンを拠点に活動中。発語の強さと速さを軸に硬質な芝居を作り続けている。代表作に『授業』『Pest≠Pest』等。

劇空間狭間

『虫籠』

4月15日(金)19:00 4月16日(土)14:00/19:00 4月17日(日)13:00/18:00

◎チケット

前売一般/1800円 前売学生/1500円

当日一般/2000円 当日学生/1700円

 

◎問い合わせ

gekikukan.hazama[at]gmail.com

09081726412(制作部)

 

◎ウエブサイト

http://facebook.com/gekikukanhazama

◎キャスト

秋山聖太

岩田梨菜

中陳剛佑

三浦こなつ

山田浩之

 

◎スタッフ

作・演出/中陳剛佑

照明/内田英嗣

音響/小澤麻友

舞台監督/尾尻征大

宣伝美術/鈴木翔一朗

制作/谷あきほ

 

籠山町。静かなこの町で、女子高生が殺害された。引っ越してきたばかりの人妻、事件を追う刑事、狙われる女子高生、怪しい町内会長。町に住む彼らの生活が少しずつ変化していく。

いつだって、どこからともなく忍び寄り、覗き、触れてくる奴らがいるのだから。 虚構と現実、美と醜、恐怖と笑い、など様々なものの狭間にある妙な感覚を、芝居を通して表すことを目指す“劇空間狭間”の第二回公演となります。今回のテーマは“虫”。 いつでも、どこにでも、私たちの身近にいる存在です。気付かなかったり、無視したり、容赦なく殺したり、人によって接し方は様々でしょう。小さくて何を考えているのか分からない虫たちですが、じっと私たちを観察しているかもしれません。多くの虫たちが蠢き始める4月、是非、観劇にお越しください。

劇団奇虫

Add Date here

3月29日(火)14:00/19:00 3月30日(水)14:00/19:00

◎チケット

一般/900円

高校生以下/600円

 

◎予約・問い合わせ

Twitter:@kusimusi_act                         Gmail:kushimushi.act[at]gmail.com

 

◎キャスト

芋虫

菊地 朱音

藤田 実憂

堀江 鈴

 

◎スタッフ

作・演出/芋虫

照明/西田 麻梨果

音響/トモノ

制作/芋虫

  堀江 鈴

美術/芋虫

  トモノ

  西田 麻梨果

当日制作/小関 亜梨沙

親の言う事はいつだってめちゃくちゃだ

でも全部が真実なんだ

全てが愛という名の根っこから咲く、

子供へ贈る小さな綺麗な花なんだ

 

その花が実になって、

2人で仲良く分け合えば、

すれ違っていた愛を、

分かり合うことが出来るかも

劇団Яeality

『WHITE LIE』

3月24日(木)14:00/18:00 3月25日(金)14:00/18:00 3月26日(土)14:00/18:00 3月27日(日)14:00

◎チケット

一般/2500円 当日/2700円

高校生/2000円

 

◎予約・問い合わせ

https://www.quartet-online.net/ticket/white_lie

「記憶って目に見えない自分だけのものだって思ってない?でもね、本当はちがうんだよ。記憶はね、目に見える形に取り出すことができるんだよ。記憶を結晶化して取り出したもの、それが結晶石」

 

記憶を全て奪われ路頭に迷っていたところをある女性に助けられた少女。今日もいつも通りの朝を迎える、はずだった。
少女の前に突然現れた過去の「親友」は少女に問いかける。
「昔の記憶、取り戻さない?」

 

少女の胸が激しく脈打つ。
ー過去の私はどこにいる?ー

雲の劇団雨蛙

『失速の楽園』

3月16日(水)19:00 3月17日(木)19:00 3月18日(金)19:00 3月19日(土)14:00/19:00 3月20日(日)14:00/19:00 3月21日(祝)14:00/19:00

◎チケット

前売3000円/当日3500円

学生2500円*要学生証

リピーター割2500円

◎予約・問い合わせ

kumogeki.amagaeru[at]gmail.com

 

◎キャスト

くろかわさき
齋藤葵
前川愛琳
山村真以

 

髙木宏紀
中島裕一
西原尚輝
森髙悠太郎

 

飯田貴子
太田勇舞
川端和孝
具志堅葉介
白栁透
次原けんや
木下晴登

 

◎スタッフ

作/はせひろいち(ジャブジャブサーキット)

演出/岡田和歌冶(雲の劇団雨蛙)

チーム・チープロ

『私だけの広すぎない浴室より』

3月3日(木)19:30 3月4日(金)19:30 3月5日(土)14:00 / 18:00 3月6日(日)14:00 / 18:00 ◎チケット 予約・当日/1500円 学生/1000円

◎予約・問い合わせ

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=56902

team.chiipro@gmail.com

 

◎ウエブサイト

http://chi-pro.net

 

◎キャスト

松本奈々子、宮田玲美、河野圭介、安倍大智、大滝 望

 

演奏/Takashi Watanabe

 

◎スタッフ

脚本/外海 紺

演出/西本健吾

舞台監督/磯山 茜

舞台美術/カワゴエサチコ

制作/山守凌平

照明/磯山 茜

音響/Takashi Watanabe

衣装/鈴木和人

宣伝美術/高橋呂沙

広報/深澤 冠

舞台は2m×2m×2mの現代。

登場人物は、わたしとわたしとわたしとわたしとわたし。

わたしは、ある時からちゃんと起きるのをやめた。

朝が来ていつの間にやら夜が来て、毎日が過ぎていくことに身を任せている。

上演がはじまっても結局ずっと寝ている。

ドラムが鳴っている。

 

わたしは、あえて灯りを消した浴室に入る。

どう生きる以前の、生きていくのだということ自体に戸惑う夜。

湯船の中には静けさがあった。

腰をうならせると、ちゃぷんと水の音だけが鳴った。

身体が鳴いている。

 

わたしは語り、わたしは黙っている。

頼んでもいないのに外に押し出されて、

生きることに納得してしまいそうになる

全てのわたしのために、

浴室はある。

 

この舞台は、ほんのひとりの、ただのひとりの物語。

 

血沸かさず、肉踊らせない抑制の中でイメージを強奪し合う、チーム・チープロ公演

『私だけの広すぎない浴室より』、開演

funnyB

『「    」参』

2月26日(金)19:00 2月27日(土)13:00/19:00 2月28日(日)13:00/18:00 ◎チケット 前売・当日/2500円 学生/1500円(要学生証) リピーター/500円(要半券)

◎予約・問い合わせ

090-3442-0125

a-i-m-i@yahoo.ne.jp

 

◎キャスト

荒井優希(劇団キタラヅカ)

エンドー・チェーン

風間浩美(劇団キタラヅカ)

鈴木もぐら(空気階段)

田中あいみ(funnyB)

林寛則

やまだゆりこ

 

◎スタッフ

作 洞内広樹

演出 田中あいみ

照明 田中あいみ

音響 藤田力

制作・宣伝美術 田坂智史

はじめまして!funnyBです! 【演劇・音楽・パフォーマンス  もっと身近に、もっと素直に】 をコンセプトに活動しています。 歌が聞けたり ダンスパフォーマンスが見れたり 盛り沢山でお送りします!! 是非ご来場ください。

 

「俳優くずれの地縛霊が

過去を振り切って

最後の舞台に立つ」

 

・やまだゆりこぴあの弾き語りライブ

・荒井優希ダンスパフォーマンス

MarginalMan 7度

『モノロオグ~わたくし的恋愛論~』

2月23日(火)19:30 2月24日(水)14:00/19:30

◎チケット

前売・当日/2000円

◎キャスト

中山茉莉

 

◎スタッフ

作/岸田國士

演出/伊藤全記

 

女の女による人間のための無敵の恋愛哲学!
岸田國士が書いた一人芝居を7度の女優 中山茉莉が演じます。

劇団ねこかぶり

『嘘つきは死んでもなおらない』

2月19日(金)19:00 2月20日(土)14:00/19:00 2月21日(日)14:00/18:00 ◎チケット 一般前売1500円/一般当日1700円 高校生以下前売1000円/高校生以下当日1200円 ◎予約・問い合わせ 080-4404-4335 gekidan.nekokaburi[at]gmail.com https://www.quartet-online.net/ticket/nekokaburi1st

◎キャスト

浅井 彩

渡辺 暁(実験劇場)

田中 萌

山口 敦子

 

◎スタッフ

脚本・演出 田村 桃

演出補佐  井上 桃花

舞台監督  栗山 なつみ

照明    菊池 優理子

音響    山田 大樹

制作    山口 敦子

制作補佐  横見 咲季

宣伝美術  倉谷 優衣

私の兄は馬鹿でした。どうしようもなく馬鹿でした。

馬鹿が原因で死にました。そう、死にました。

でも、今、兄は目の前にいます。

……馬鹿なのは私だった?

スピーチの「ステップ・アップ」講座

2月15日(月)19:00〜21:00 2月29日(月)19:00〜21:00

参加費:一般 1500円/回

    学生 1000円/回

 

◎企画・応募先 Earth place

 mail:earth.place@gmail.com

    HP:earth-place.jimdo.com/

15日 スピーチ「力」改善! その前に伝えたいこと、話し方の意識

   語法の「印象」声の「トーン」強化!

 

29日 単純明快「緊張」からの脱出

   スピーキングto the フューチャー

   未来のあなたへ! 「反復練習」

 

講師:こぼりなつき(俳優、映像編集者、映画監督)

   ・・・俳優・映像編集者・映画監督、マルチな才能から湧き出る”イマジネーション「力」と

   ユニークなキャラクター”で人々を魅了する。自身の経験をもとに展開する講座は受講生に

   大好評!!

演劇ユニット アメシスト

『ミス・ダンデライオン』

2月5日(金)19:00 2月6日(土)15:00/19:00 2月7日(日)15:00 ◎チケット 前売1500円 当日2000円

◎予約

 http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=70515

◎問い合わせ

ame_thyst_unit@yahoo.co.jp

090-4759-3690

 

◎ウエブサイト

http://unit-amethyst.tumblr.com/

 

◎キャスト

加藤美帆(劇団カポナータ・劇団まっちゃんとあん子。)

島根渉(劇団まっちゃんとあん子。・明学小劇場)

田沢友哉

鎌田有希(劇団Salut・劇団カポナータ・劇団まっちゃんとあん子。)

神田響平(劇団カポナータ・劇団まっちゃんとあん子。)

鈴木七絵(東京アザラシ団)

武山裕香

◎スタッフ

演出・舞台監督:篠木李佳(劇団カリメロ)

演出助手:わたべ優美子(劇団まっちゃんとあん子。)

舞台美術・舞台監督補佐:島根渉(劇団まっちゃんとあん子。・明学小劇場)

音響:田中智之

音響オペ:苗村隆弘(劇団カリメロ)

照明:成田悠莉(劇団カリメロ)

衣装メイク:わたべ優美子(劇団まっちゃんとあん子。)

広報:細井領(劇団もんしろ)

制作広報:わたべ優美子(劇団まっちゃんとあん子。)

フライヤー撮影:わたべ優美子(劇団まっちゃんとあん子。)

宣伝美術:たちばえりさ

 

19年前からずっと、変わらない気持ち。

今、どうしても会いたい人がいる。

時を超えて、あの人に会いに行けたなら…

NO TRAVEL,NO LIFE

『NO TRAVEL,NO LIFE』

1月30日(土)13:00 TEAM TRAVEL 16:00 TEAM LIFE 19:00 TEAM TRAVEL 1月31日(日)13:00 TEAMLIFE 16:00 TEAM TRAVEL 19:00 TEAM LIFE 前売3000円 予約・問い合わせ http://travel-theater.com/travel

脚本・演出 吉田武寛(LIPS*S)

原作 「 NO TRAVEL,NO LIFE」(須田誠 )

キャスト 堤晋一

ゲストナビゲーター 宮澤正

 

・TEAM TRAVEL

武川優子 井上貴々 中野由紀子 中野陽介

山口奈実

 

・TEAM LIFE

鳥谷部譲 宮田綾 木野絵理菜

小林寛佳 天瀬ちひろ(Dollふ)

10年のサラリーマン生活にピリオドを打ち、呼ばれるように海を渡ったひとりの旅人須田誠氏が綴ったフォトエッセイ「NO TRAVEL, NO LIFE」。

「本当の自由って、一体なんだ?」

「旅」を通して本当の自由、本当の自分を見つけた著者のメッセージと写真が詰まった一冊。写真集としては異例の現在で第5刷・25,000部を超 えるヒットを記録。
 同作を吉田武寛氏の脚本・演出により舞台化をする。

平野企画×K4

『どんな鳥も創造力より高く飛べる鳥はいない』

1月23日(土)15:00/19:00

◎チケット

前売2500円/当日3000円

 

◎予約・問い合わせ

080-5584-0481

maeterkinck2011[at]gmail.com

 

◎ウェブサイト

http://21.xmbs.jp/kenzaki/

札幌の表現者達が東京の空に羽ばたく。

歌や踊りや芝居、見る者の想像力に働きかける

パフォーマンスをお届けします。

太宰治の名作『駆込み訴え』を一人芝居で、

ネット掲示板に書き込まれたとある短編ストーリーを二人芝居で、

時代と場所と人を超えた表現の世界。

平野企画11周年記念、K4特別協力公演

「どんな鳥も想像力より高く飛べる鳥はいない」御期待下さい。

サブテレニアン×雲の劇団雨蛙

『界境に踊る』

1月 8日(金)19:00 9日(土)14:00/19:00 10日(日)14:00/19:00 11日(月)14:00/19:00 12日(火)19:00 ※各回30分前開場/アフタートークあり 全席自由席

◎チケット

一般:前売 3000円/当日3500円

学生:前売当日ともに2000円(※要学生証)

リピーター割:2500円(※半券持参)

 

◎予約・問い合わせ

雲の劇団雨蛙

kumogeki.amagaeru@gmail.com

080-1232-6459(朝日山)

作・石原燃(燈座)

演出・岡田和歌冶(雲の劇団雨蛙)

 

◎キャスト 今泉惠美子 岩澤繭

平山葉子(溶解マールイ) 丸岡桂菜

植村せい 田中達也(劇団ペリカン)

 

アフタートーク

8日(金)19時 金恵玲

9日(土)19時 清原悠

10日(日)19時 植松青児

11日(月)19時 金世一

12日(火)19時 和田悠

プロフィール

金恵玲(キムヘリョン)

劇団アラン・サムセ所属。劇団本公演や子ども向けの舞台、他劇団の客演も多数。

日韓共同制作作品や、ベトナムの舞台人との共同制作、タイの戯曲などにも出演。 「ふじのくに⇄せかい演劇祭」や「BeSeTo演劇祭」にも参加。俳優として舞台に出演する傍ら、司会や歌手、通訳としても活動。

 

清原悠(キヨハラユウ)

東京大学大学院学際情報学府博士課程、専門は社会学。図書新聞にてリレーエッセイ「ヘイトスピーチ・レイシズムを考える」を企画・運営。近著に『奇妙なナショナリズムの時代』(共著/岩波書店)がある。

 

植松青児(ウエマツセイジ)

派遣労働者、被曝3世(母の父が広島で被曝。ただし建設会社の社員として朝鮮人労働者を使役していた)。2015年に「戦後70年ミニシンポ」を5回企画。国会前の陸軍省跡地に「戦争加害博物館」の建設を提唱。

 

金世一(キムセイル)

俳優・演出家・演技ディレクター。

韓国の釜山の出身。2003年からは東京を中心に活動。

演劇創作活動(劇団世 amI主宰)の傍ら日韓の演劇交流(SEAMI project代表)にも積極的に手がけている。

 

和田悠(ワダユウ)

立教大学文学部教育学科教員。板橋区志村に在住。「板橋茶論」や「くらしにデモクラシーを!板橋ネットワーク」で活動中。最新の仕事として、編著『戦後思想の再審判−–丸山眞男から柄谷行人まで』(法律文化社、2015年)。

Ammo公開稽古

vol.2『ジョルジ・フッチボール・クルーヴィー』の公開稽古を行います

1/3(日)18:30〜21:30 【場当たり稽古】各シーンを抜いて磨き上げていく稽古です

1/4(月)18:30〜21:30 【通し稽古】衣装、小道具をつけず通し稽古をします

 

※事前申し込み制。各回8名限定。退場は自由ですが、稽古の特性上遅刻はご遠慮ください。

 

料金 無料

問合先 info[at]ammo.works

ウエブサイト http://ammo.works

Please reload

  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitterのクラシック

© 2015 by SUBTERRANEAN since 2006 /4/28

080-