top of page

板橋ビューネ2024/2025参加団体募集

グローバル資本主義とシュルレアリスム――欲望と暴力のメタメッセージ――

 2019年から続いた「コロナ禍」による厳戒態勢は(消極的にではあるが)2023年にようやく解かれ、経済活動は復興の兆しを見せ始めた。2022年からはロシア・ウクライナ戦争が始まり、2023年にはイスラエルによる大規模なガザ侵攻が始まった。日本政府は社会保険料や労働保険の値上げと消費税の増税を行い、防衛費は安倍政権以降いまだに増加している。
 「風がふけば桶屋が儲かる」と言わんばかりに、世界各国が政治・経済・貿易などあらゆる面で接続している今日、対岸の火事の火の粉は遠い国の市民にも降りかかってくるのである。’89年の冷戦終結以降、地球上では常に何かしらの代理戦争が行われている。日本の自衛隊も、世界戦争に参加していることを忘れてはならない。
 グローバル資本主義下では、戦争はなくてはならないものである。永続的な経済成長はありえず、豊かになった国は移民を必要とする、この「システム」は自滅を前提としているのである。都市における不動産価格のインフレーション、生鮮食品や燃料代の高騰、オーバーツーリズムは、自滅へ向かう快楽的欲望でさえある。いまや、聖域であった教育ですら、この欲望の対象である。
 かつて正当なダンディズムが持っていたような倫理感は、この時代には崩壊してしまっている。恋愛や性欲にまつわるスキャンダルやハラスメント、またこれらの告発は、一つ一つのケースにおいては(当然のことながら)深刻な問題であるが、それがSNSやメディアに乗ってしまえば、「正義」を告発するエンターテイメントによって消費されてしまうという有様である。ハラスメントの告発それ自体は、全く正当な正しいものであったとしても、セカンドハラスメントは卑猥で道徳の埒外にある欲望の発露になってしまっている。いまや誰も、投げる石を止めるように呼びかける人はいなくなってしまったのだ。もう、政治家の不正や教職員(や聖職者)による性被害に驚くことはなくなってしまった。

 ある意味では、常時世界戦争が続き、倫理感の欠けた今のこの世界は、『ユビュ王』的な自己中心的で壊滅的な状態を地で行ってしまっているのかもしれない。この時、エロスや暴力といった、冷戦の以前には社会の中では隠されていた欲望は、常にオープンになっている。広告やメディアを見れば、あからさまな「セックスをしろ」「金を稼げ」「戦争に行け」というメッセージで溢れているではないか。
 この時、私たちはメタメッセージというものを、どのように受け止めるだろうか。かつてシュルレアリストたちが、人間の無意識や欲望、暴力といったものに駆り立てられたことが、全てグローバル資本主義と世界戦争の下で、聖性も奥行きもない、全く平凡な、ごくありふれたゴシップとして消費されてはいないだろうか。生と死を消費し尽くすこの世界において、市民一人一人の人生は、すべからく資本によって投機されている。そのような生にとって、生を消費せよという広告は、生を否定せよ、社会に適応できないのだったら隠遁すべし、戦争に行かないのならば納税をせよ(そして納税ができないのならば野垂れ死ぬのだ)というメタメッセージを送りつけているはいないだろうか。

 WWIとWWIIという大戦の狭間に生まれたシュルレアリスムは、冷戦を経たグローバル資本主義にとっては、反転した世界を描いているとも言えるだろう。コロナ禍を経た現在時点において、これらのテキストを再解釈することは、意義のあることのように思える。板橋ビューネは、「グローバル資本主義とシュルレアリスム」をテーマに、古典戯曲を上演する劇団を募集いたします。
 

スケジュール:2024年12月-2025年1月
募集団体:6団体程度
公募条件:古典作品を原作とした作品を上演すること(作者が既に亡くなっていること)
キャパ:自由(各劇団が自由に定めることができます。但し、各公演毎数席は関係者及び批評家・レビュワー用の座席を用意させていただくことがあります)
チケット:各劇団の定めるところによる。
※但し、通し券(金額未定)を演劇祭扱いで用意させていただきます。
※通し券以外のチケット収入は全て劇団受益となります。
 
【公募・一般団体】
参加費:12万円(会場費・演劇祭運営費として)
 
 原則として、期間内の月曜日から日曜日の1週間を利用していただきます。
 上記期間内であれば、仕込み・劇場稽古・本番日をどのように設定くださっても構いません。
  
【公募・地方団体】
 関東近郊以外の地域から応募される劇団へ、料金減免の優遇がございます。
 チケットを捌き辛い東京での公演、東京進出またはツアー先の一つとして東京を選んでいただければと思います。
 
参加費:8万円(会場費・演劇祭運営費として)
※関東近郊以外の地域に籍を置く劇団のみ
 
 原則として、期間内の月曜日から日曜日の1週間を利用していただきます。
 上記期間内であれば、仕込み・劇場稽古・本番日をどのように設定くださっても構いません。
 ※応募団体と調整の上、板橋ビューネ実行委員が上演スケジュールを決定します。
 
・利用方法について
 応募いただいた日程を劇団の定める形で好きなようにお使いいただけます。経済的な理由で劇場稽古の日数が限られていたり、制作的な手が足りずにワークショップやトークなどの関連企画を実現できなかったり、作品をブラッシュアップするためにご利用いただければと思います。
 
・フェスティバル参加特典
 板橋ビューネに参加される劇団は、割引料金でサブテレニアンを稽古利用することができます。
 
・スタッフについて
 各劇団で舞台監督・照明・音響スタッフなど、公演に必要なスタッフをご用意ください。
 ※各種スタッフをそろえることが難しい場合は、ご相談いただければ演劇祭よりスタッフを斡旋することが可能です。
 
・制作について
 フェスティバルでは、「フライヤー印刷・送付・広報」の業務を行います。稽古場などは各自で確保してください。
 
・会場
 サブテレニアン
 〒173-0013東京都板橋区氷川町46-4 B1F
 
・設備等
下記ウェブサイトよりご確認ください。
https://www.subterranean.jp/guide
 
応募・締切のスケジュール
締切:2月18日(日)

応募から決定まで
①応募準備
・団体名、希望週、予定演目、演出プラン、担当者名、連絡先を明記の上、
過去公演のチラシ、映像(youtubeなど)等あれば教えてください。
②応募
・タイトルを「板橋ビューネ2023/2024参加希望」として、資料をinfo@subterranean.jpに送信してください。
③決定(2月下旬)
・参加の可否を決定した旨、全員にお送りいたします。

 

企画・製作/赤井康弘 よこたたかお 長堀博士

​主催/サブテレニアン
 
 
 

bottom of page