top of page

《板橋ビューネ2023/2024》

複合創作ユニットwakka

wakkaのこゝろ

原作/夏目漱石

作・演出/齊藤航希

2024.01.11thu 19:00

2024.01.12fri 19:00

2024.01.13sat 15:00/19:00

2024.01.14sun 13:30/17:30

出演/A²rum 

          岸鮫子 

          仮屋奈那(カワリヤ、劇団斜講) 

          春江澪(オトズレ) 

          宮崎柊太

          ゆで ちぃ子。(イマにヒとコへ(え)) 

          にしむら(劇団森) 

          ノナカモヱリ(anonet)

          内山就人

料金/一般1800円 高校生以下1000円

チケット予約/
https://www.quartet-online.net/ticket/wakkakokoro
団体ウエブサイト/
https://x.com/HeperKunne?t=hHp5GE6R548nUnKbIIKGQA&s=09

舞台監督/吉田大凌
舞台監督補佐/しみずあかり(自然の会)
照明/豊川涼太(街の星座)
制作/清水建志
   サテライト☆ちぐさ
宣伝美術/春江澪(オトズレ)
映像撮影/有馬武蔵(青幻燈/wokome)
 

 

夏目漱石の『こゝろ』を「開示」をテーマに据えて建て替えた作品。
改築や増築とは異なり建て替えであるため、ストーリーとしては原作と重なる部分は多くない。ある二人の高校生の時間、ある病院での時間、ある山道での時間、ある男女の時間などをモンタージュを用いて絡み合わせたとものとなっている。


○2020年
・4月頃、旗揚げする旨をTweet
・9月に第一回公演
『kamuywakka(日輪)』
  ※東学祭2020参加作品
・12月に第二回公演
『Gregorius“面影”』
○2022年
・3月に第三回公演
『phantasma alley』
  ※佐藤佐吉演劇祭2022参加作品
○2023年
・3月に第四回公演
『コース、逆コース』『隻手、また隻手』
  ※名前のない演劇祭緑参加作品
・5月に、翌1月公演を最終とする旨をTweet
 

《板橋ビューネ2023/2024》

劇団HURY

​マラー/サド

原作/ペーター・ヴァイス

演出/ユ・ジュンシク

2024.01.20sat 19:00

2024.01.21sun 14:00

出演/チョン・テジュン

   ユ・ヒーリー

   イ・ギョンミン

   チェ・チャンジュン

   他

料金/一般3500円 学生2000円

 

チケット予約/yoyaku@subterranean.jp

問い合わせ/080-4205-1050(赤井)

​作曲・舞台監督/ユ・ヒオ


劇中劇。精神科病院では、治療と教育のために劇が上演される。作・演出はサド公爵で、彼もまた患者として入院している。この戯曲でサドは、革命的急進派指導者マラーの革命と暴力に関する見解を発展させ、批判しようとする。革命は人々の抑圧された感情を解放する。それを生み出す患者たちもまた、現在抑圧された状況にある。患者たちは役を演じるうちに、次第に役と本当の自分との区別がつかなくなり、やがて収容所は暴動の場と化していく。


1990年創立。議政府を拠点に、「チャンドン劇場」「アートスペース・フセオサ」を運営。韓国の断絶の克服、国家による暴力、自然を通した人生などの物語を中心に創作する韓国の劇団である。代表作:戯曲「フリーのハムレット」、「マラー/サド」、「再会」、「アントン・チェーホフの『Love3』」、ミュージカル「DMZのロミオとジュリエット」、「Coming home」など。

《板橋ビューネ2023/2024》

​街の星座

フランケンシュタイン、
もしくは集められた無数の身体の断片について

 

原作/メアリー・シェリー

構成・演出/豊川涼太

2024.01.25thu 15:00/20:00

2024.01.26fri    20:00

2024.01.27sat  14:00/19:00

2024.01.28sun 13:00/17:00

出演/松内慶乃(コーラルアイランド)

   川田小百合    

   赤松翔子

   淹本羊毛(劇団エドアブラ)

   まるも(街の星座)

料金/予約・当日3000円

チケット予約/
https://www.quartet-online.net/ticket/machiza-frankenstein
団体ウエブサイト/
https://machinoseiza.wixsite.com/machiza

 

Machiza≠Laboは、古典のテキストを現代的な形で上演することを目指し、POPと前衛の境界で、さまざまな実験をするための企画。
今回は時代を超えて語られる作品「フランケンシュタイン」をベースに、奪われた身体たち(≠贈与された身体)に宿る魂について、
そして現代技術によって揺らぐ人間の形のありようを考える。
 


主宰豊川涼太を中心とする劇団。
2019年、「銀河鉄道の夜」(原作:宮沢賢治)で日韓ツアーを敢行。
韓国・礼山、礼唐国際大学演劇祭 特別賞受賞。
POPでどこかおかしな世界と人たちと
その根底にある社会や不条理を描く。
Machiza≠Laboは、古典のテキストを現代的な形で上演することを目指し、POPと前衛の境界で、さまざまな実験をするための企画。
 

《板橋ビューネ2023/2024》

楽園王

白昼鬼語

作/谷崎潤一郎

演出/長堀博士

2024.02.01thu 14:30/19:30

2024.02.02fri   19:30

2024.02.03sat 12:30/17:30

2024.02.04sun 17:30

​出演/イトウエリ

   大畑麻衣子(miez miez)   

   久堂秀明 

   小林なほこ 

   他

料金/一般3500円 U25 2000円

 

チケット予約/home@rakuenoh.com

団体ウエブサイト/https://stage.corich.jp/troupe/825

 

エドガー・アラン・ポーは、舞台役者だった両親から『リア王』の登場人物エドガーから名前を付けられた。上演作品として、実はそこを取っ掛かりにずっとポーの作品を探していたのだが、江戸川乱歩を始め、日本の文壇への影響までを視野に入れている内に、結局、乱歩に強い影響を与えた谷崎作品まで辿り着いてしまった。『白昼鬼語』は、国際感覚に優れたポーの犯罪小説や探偵小説の影響が色濃い作品の一つとされている。

1991年、劇作家である長堀博士の戯曲を自らの演出で上演する目的で設立。その後10年を経て、長堀の独自性の高い演出の面が評価され、古典戯曲や文学作品などもレパートリーに加わる。利賀演出家コンクールではイヨネスコ『授業』の演出にて優秀演出家賞を受賞。その後、チェーホフ『イワーノフ』の演出では奨励賞を。(財)静岡県舞台芸術センターからは2度の招聘を受け、寺山修司『青ひげ』、エウリピデス『メディア』を上演。

bottom of page