これからSUBTERRANEAN で催される公演、イベントのご案内です。

Now Playing and comming soon events in Subterranean.

Andorra Project 板橋ビューネ2019/2020

Andorra

1月15日 (水)19時

1月16日(木)14時/19時

1月17日(金) 14時/19時

1月18日(土) 13時/18時

1月19日(日)14時

​上演時間/150分(途中休憩あり)

 

料金/前売当日共に3000円

チケット予約アドレス/theatreatman [at] gmail.com

キャスト/菅沢晃、清水久未、小森理、渡部朋彦、中島陽子、妻鹿有利花、蔭山恵美、小八重智、

     岡本弦、木村香織 、渡辺かおり、ぺ・ミヒャン、青木克美、大内田淳、川口真奈良、

     ポール・レイヤー、サーシャ・チェルニホフスキー、張嘉頴 、イ・ジェサン、

     ヤン・チャンワン、チェ・ユンジュン、ヤン・ウニョン、 イ・ガンドク、クォン・フン、

     カン・リュンソク、ハン・テヨン、ユ・ムソン、ムン・イジ 

作/マックス・フリッシュ

演出/イ・ジェサン

照明/イ・ナグ

音楽/内田学

メイク/イ・ジヨン

演出助手/菅沢晃

Andorra Project:アンドラ・プロジェクトは、多国籍連合公演である「Andorra」のために結成されたプロジェクトグループである。日本と韓国の俳優たちを中心にアメリカ、香港、イスラエル等の俳優がともに参与し、4つの劇団が中心となり結成されたが、それ以外の別の劇団のメンバーも個人的に参与する多国籍プロジェクトグループだ。

 

作品について:「Andorra」は、スイス出身でありながらドイツ戯曲の巨匠と呼ばれる劇作家マックス・フリッシュの代表的戯曲だ。ヨーロッパのAmdprraという国を中心に巻き起こるこの仮想の事件は、ちらりとドイツの歴史と反ユダヤ主義を描いているように見えるが、事実は差別と人間の二重性の問題を描いている。

楽園王 板橋ビューネ2019/2020

授業

1月21日(火)20時(A)
1月22日(水)20時(B)
1月23日(木)15時半(B)/20時(A)
1月24日(金)20時(B)
1月25日(土)17時半(A)
1月26日(日)12時(B)/17時半(A)


*上演時間70分

*各回30席限定。開場は開演の30分前。

料金/前売2500円 当日3000円
   学生(前売/当日共)2000円
   リピーター割引(事前予約可能)1500円


予約/https://stage.corich.jp/stage/104371

キャスト/岩澤繭(ウテン結構) AB、杉村誠子 A、大畑麻衣子(miezmiez) B、日野あかり A、

     仲居凜 B、小林奈保子 A、小澤凌(デンキブラン) B

作/ウジェーヌ・イヨネスコ
構成・演出/長堀博士

舞台・照明/長堀博士
音響/齋藤瑠美子
宣伝美術/小田善久
制作/楽園王オフィス

作品について/一つのカンパニーが、何年も同じ演出作を同じ演出にて上演できることが、その劇団がある種の力を持っている一つのバロメーターになると考えています。イヨネスコ『授業』はそんな作品。過去には、利賀演出家コンクールにて優秀演出家賞受賞、BeSeTo演劇祭や現代劇作家シリーズを経て、板橋ビューネでは札幌と雲南にて。代表作の上演です。

楽園王とは/楽園王は、1991年に劇作家だった長堀博士が自身の手で自作を上演する場として活動を開始。2001年から「利賀演出家コンクール」に連続出場し、'04年に優秀演出家賞を受賞したことを契機として、古典戯曲や文学作品もレパートリーに加えている。「戯曲」を「詩」と同義の文学と捉え、単に意味を伝えるだけではない、独特の、美しい言葉表現の舞台作品を上演。

Please reload

  • Facebook アプリのアイコン
  • Twitterのクラシック

© 2015 by SUBTERRANEAN since 2006 /4/28

080-