これからSUBTERRANEAN で催される公演、イベントのご案内です。

Now Playing and comming soon events in Subterranean.

stage_95271.jpg

M/Mフェスティバル参加公演

楽園王

銀河鉄道の夜

原作/宮沢賢治

脚本・演出/長堀博士

出演/政井卓実

   日野あかり

   大畑麻衣子(miezmiez)

   小林なほこ

   加藤彩(ツイノ棲ミ家)

   宮田みや(さかさまのあさ)

   他

2022.2.2wed 15:00/19:00

2022.2.3thu   19:00

2022.2.4fri     19:00

2022.2.5sat   18:00

2022.2.6sun  15:00/18:00

料金/一般3200円

   学生2200円

チケット予約/https://stage.corich.jp/stage/116538

​音響/齋藤瑠美子

楽園王公演にて、長堀博士が演劇作品として描く「銀河鉄道の夜」は、銀河鉄道が実在したのでは?という大胆な想像から話が進んでいく。宮沢賢治が「銀河鉄道の夜」を書く切っ掛けとなったのは、若くして亡くなった最愛の妹・トシの影響が大きいだろう。賢治は、トシが亡くなった後、実際に鉄道の旅に出ている。そこで、この旅の先で、妹と会うことがあるのではないか?そんな思いを抱き、そのことが「銀河鉄道の夜」や詩集「春と修羅」に結実しているのは有名な話だ。また、私たちが勘違いしがちなこととして、銀河鉄道というものが、銀河をまるで宇宙船のように飛んでいる、という思い込みがあると考えた。漫画やアニメの影響は(そちらも名作であるので)大きい。だが、賢治が実際に書いた文章を読めば分かるが、作中に出てくる銀河鉄道とは地面の線路を走り、空を飛んでいるわけでは決してない。アメリカなど遠くまで行くものの、つまりは、地続きの話であるのだ。それらのことを総合すると、賢治が妹が亡くなった後に旅をした「岩手軽便鉄道」の旅こそが、「銀河鉄道の夜」の旅そのものであったのではないか? そのような思いを得て、楽園王の銀河の旅が始まって行く。空を飛んでしまわない、地続きの、私たち自身の物語としての「銀河鉄道の夜」。

1638350641043.jpg
1638350644979.jpg

演劇ユニット小雨観覧車 後日譚

ネモフィーラ

作・演出/山野莉緒

出演/山野莉緒(小雨観覧車)

     やまだまや

           山岸大起

           トギナナミ(ばってんおメメ)

           二川あおい

2022.1.7fri      15:00/19:00

2022.1.8sat   14:00/18:00

2022.1.9sun    14:00/18:00

2022.1.10mon 13:00/17:00

料金/一般 2500円

     20歳以下 2000円

     (当日券は+500円)

劇団問い合わせ先電話番号/080-4322-1643

チケット入手先/CoRich!舞台芸術

webアドレス/https://stage.corich.jp/stage/115661

音響:相沢

照明:松井龍之介(ばってんおメメ)

バッドエンドのその先で、わたしは浅く息をする。

ここにはもう、誰もいない。

現実の会話に台本はないし、この先の展開は誰も知らない。他人の気持ちを理解することもできないし、見えないところでどんな顔してたかなんて、もうずっとわからないまま。話がしたいよ。

 

【当公演について】 演劇ユニット小雨観覧車は、2020年11月に予定していた公演を中止し、すでに解散いたしました。当公演は、上演を予定していた演目『ネモフィーラ』を改稿し、山野莉緒を残した他すべてのキャスト・スタッフを変更しての再演となっております。何卒ご理解ください。たぶん、わかっていないのはわたしのほうです。



劇団活劇工房
雨傘

作・演出/小林萌華

出演/内山就人
     大友彩優子
          岡﨑雨
          嶋口蓮二
          謝凱宇
          高橋奏
          中島桜
          藤原李菜

2021.12.3fri 18:00
2021.12.4sat 13:00/18:00
2021.12.5sun 13:00

料金/一般 2500円
     学生 2000円
     配信 1000円

劇団問い合わせ先電話番号/080‐1345‐3714
チケット入手先/
   劇場公演(団体扱い)https://ticket.corich.jp/apply/115408/     配信公演(アーカイブのみ)https://teket.jp/2072/8251
webアドレス/@katsugekikoubou (Twitterアカウント)

主宰/高橋奏舞
舞台監督/中村竜馬
舞台監督補佐/ 岡﨑雨、高橋奏、藤原李菜
演出補佐/大友彩優子、高橋奏
演出助手/謝凱宇、岩堀真生、藤原李菜
舞台美術/藤原李菜、中島桜、高橋奏
音響/ 山﨑直也、中村竜馬、岡﨑雨
照明/嶋口蓮二、大友彩優子、岩堀真生、 内山就人
宣伝美術/ 高橋奏、大友彩優子、嶋口蓮二
衣装・小道具/岡﨑雨、小林萌華、中島桜
制作/ 岩堀真生、謝凱宇、中村竜馬、 山﨑直也、
     内山就人、高橋奏


「司君、人は亡くなったら何になると思う?」
友達と呼ぶには秘密を分かち合いすぎたし、恋人と呼ぶには互いに無関心すぎるかもしれない。人に優しくできない人と、気を遣われる人。凛としているためには、前に進むためには、性格悪いぐらいじゃないとやっていけない。でもそんな自分が一番嫌い。もし叶うなら、誰にも干渉されないまま、馬鹿みたいに雨の中を駆け回りたいね。

何を得て何を失ったのか。